地方講演会

パラリンピック研究会では、2020年東京パラリンピック大会に向けた機運が全国で高まることを願って、一般社団法人内外情勢調査会のご協力のもと、各地で講演会を開催しています。講演会では、パラリンピックに関する解説に加えて、ゲストとして招いたパラリンピアンのトークと対談も行っています。

2015年度には大阪、札幌、長野の3都市で、2016年4月には広島で実施しました。

1. 大 阪(2015年10月8日)
「パラリンピックとは何か~その社会的、経済的、政治的な意味を探る」
ゲスト 伊藤 智也氏 陸上(車いす)

2.札 幌(2015年10月16日)
「パラリンピックとは何か~その社会的、経済的、政治的な意味を探る」
ゲスト 永瀬 充氏 アイススレッジホッケー

3.長 野(2015年11月27日)
「パラリンピックの理念・歴史と、長野の体験」
ゲスト 上原 大祐氏 アイススレッジホッケー

4.広島(2016年4月14日)
「パラリンピックとは何か~その社会的、経済的、政治的な意味を探る」
ゲスト 根木 慎志氏 車いすバスケットボール

長野市で講演する小倉和夫

長野講演会(小倉).JPG©内外情勢調査会            

大阪府で伊藤氏と対談する小倉和夫

大阪講演会.jpgのサムネイル画像

©内外情勢調査会

講演会の内容を詳しく記した報告書を作成しています。
ご希望の方はパラリンピック研究会までお問合せください。