2016年~2017年度開催ワークショップ(第19~28回)

2016年~2017年度に開催されたワークショップ

第19回(2016年5月26日)
テーマ「リオデジャネイロ・パラリンピック大会とブラジルにおける障害者政策」

第20回(2016年7月28日)
テーマ「イギリスとオーストラリアにおける障がい者スポーツ競技団体の現状と今後の課題」

第21回(2016年10月18日)
テーマ「リオパラリンピック大会報告および2020年大会に向けての課題と抱負」

第22回(2016年12月6日)
テーマ「イギリスにおけるインクルーシブスポーツの取り組みと実践~2012年ロンドンパラリンピック競技大会における戦略とレガシー」

第23回(2017年2月23日)
テーマ「インクルーシブスポーツの社会的意義-その理論と実践」

第24回(2017年8月9日)
テーマ「2020 Paralympic Games: From Rio to Tokyo」
講師:駐日ブラジル大使館 教育部担当アタッシェ リアンドロ・ナポリターノ氏

第25回(2017年9月5日)
テーマ「ロシア問題を通して、アンチ・ドーピング活動の役割と意義を考える」
講師:公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構専務理事 浅川伸氏

第26回(2017年10月25日)
テーマ「スポーツ界の転倒予防-フェアプレイ精神と共生の思想を守り育む-」
講師:一般社団法人スポーツ・コンプライアンス教育振興機構理事長 武藤芳照氏

第27回(2017年12月1日)
テーマ「2020、2024、2028へと繋がる日本発メッセージ 〜技術とスポーツ創造を中心として〜」
講師:東京大学先端科学技術研究センター教授、JST ERATO稲見自在化身体プロジェクト研究総括、一般社団法人超人スポーツ協会共同代表 稲見昌彦氏

第28回(2018年2月20日)
テーマ「パラリンピックとアクセシビリティ」
講師:英国アクセス・オール・エリアズ主席コンサルタント マーク・トッド氏
カナダマーニー・ピータース社社長、車椅子バスケットボール金メダリスト マーニー・ピータース氏